スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の講習会サンプル

1月も半分を過ぎようとしています。
昨夜、高校の仲良しさん達とカラオケに行き、歌うこと4時間!
帰宅したのは午前様、、
腹筋も随分と使い頭も体も軽いです。

そして今日、2月23日の瀬田公園での講習会のサンプルが何とか出来ました。
まだもう少し変わるかと思いますが、
ほぼこんな感じで行こうと思います。
何か小物も付けたいのですが、、
20120115.jpg

エプロンの布に悩んでいます。
見本は綿の古布を使いましたが、これももう僅かしかありません・・・
20名プラス幾つか分取れる、可愛い布探しをしないと~。

日吉さんの滝を見てから何日か滝のことが頭から離れませんでした。
それで滝にまつわる物語を考えたりしました。

画像の男の子の名は、「飛竜くん」と命名!
日吉大社の飛竜の滝からいただきました。
飛竜の滝の化身も一段落したら作りたいと思っています。
飛竜くんの遠い昔の頃、時代は大和にさかのぼり、
青年になった飛竜くんの姿を想像しています。
もうイメージは出来ているので早く作りたいのですが、
まだ他の作品が出番を待っているので、順番に仕上げて行きたいと思います。

2月の講習会は、本当は毎年お雛様を作っていただいていましたが、
今年は何故か、端午の節句の男の子を作りましょう」というタイトルで昨年原稿を出していました。
瀬田さんからも季節柄、「お雛様の間違いではないですね?」
と、確認の電話があったくらいです。
これも飛竜くんを作る予感だったのでしょうか~?。


滋賀は万葉集に沢山歌われています。
近江を淡海と詠んだその昔、およそ1300年前、
その中には日吉大社を流れる大宮川(飛竜の滝)の事を詠んだ、

三川の 淵瀬もおちず 小網さすに 衣手濡れぬ 干す児は無しに 

意味は、
三川(みつかわ)(今の大宮川)の渕や瀬を
くまなく叉手網(さであみ)をかけて歩いたので、
着物の袖がぬれてしまった。
干してくれるあの娘(こ)もいなくて。

又、
蒲生野で5月5日の薬猟(くすりがり)のときに
詠み交わされた額田王(ぬかたのおおきみ)と大海人皇子(おおあまのみこ)の
有名な相聞歌(恋歌)があります。
  ◎薬猟(馬に乗り鹿を追い、その若角をきりとる)

 茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(額田王)

 紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に我れ恋ひめやも(大海人皇子)


意味は
(額田王)紫草のうえてある野を行き、その標(しめ)を張った
     野を行きなさって、野守(のもり)がみているでは
     ありませんか。
     あなたが袖をお振りになっているのを。
(皇太子)紫草のように美しいあなたを憎いと思うくらいなら、
     人妻であるあなたにどうして恋をしましょうか。

  ◎妹(いも)とは愛しい人の意味
なにやらややこしいですが、
額田王は大海人皇子(天武天皇)に嫁ぎ、子を授かる(十市皇女)
しかし、額田王は、大海人皇子の兄の、中大兄皇子(天智天皇)に見初められ、
二人は引き裂かれ、額田王は天智天皇に仕えます。

この歌は天智天皇が遊猟(みかり)した時に野原で薬草摘みを
していた額田王が、大胆にも額田王に向かって袖を振る大海人皇子に歌った相聞歌です。
元夫である大海人皇子のひと目もはばからない行為に、額田王が困り、
しかし、嬉しくもある様子が感じ取れます。
なんとも切なく、複雑な感情が伝わってきます。
この頃から既に5月5日の端午の節句はあったようです。
私は、今から10数年前に万葉の会に所属し、少し、ほんの少し、
勉強していました。
何年か続けていましたが、次第に遠のきました。
そして、今また本を見ることとなりました。
20120115a.jpg

飛竜から万葉集の話になるとは夢にも思いませんでした。
ましてや万葉の本を再び開くことになるとは・・・



プロフィール

anne akiho

Author:anne akiho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。