FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページ移転のお知らせです

この度長らく利用させていただいたホームページサーバーが

3月末で閉鎖されるため、新しくホームページを移転しました。

リンクやお気に入り登録をして下さっている方は

こちらに変更をお願い致します。

https://anneakiho.web.fc2.com/


そして、今更ですが、去年新作ののクリスマスベイビーです。
2017年クリスマス、海外にいる娘にベイビーが生まれ新聞掲載取材に来た記者さんの
かぶっていた帽子に、生まれて数時間のベイビーを入れ、撮られた写真を参考に再現してみました。

   12115_201902021442425d1.jpg

こちらは古布でブーツをを作って入れてみました。

   12118_2019020214490652a.jpg
スポンサーサイト

今年の作品

パソコンが使えない時があり、携帯でフェイスブックのほうに更新し、
ブログのほうが大変ご無沙汰してしまいました。

気が付けばもう12月!  とても慌てています。
今年の作品を紹介したいと思います。

今年の干支の犬です。亀は縁起がいいので
犬のお供に作りました。
縮緬張りです。
121110.jpg
12119.jpg
12113.jpg
アニバーサリー


カラーソフト粘土で作った小さな女の子
121116.jpg

プレゼントエンジェル
121111.jpg

ハーフドールの貴婦人(古布使用)
121115.jpg

ベビードレス
121114.jpg


ペチコート
121113.jpg

守山市民ホール芸術祭出展

夏がどこからどこまでだかわからないまま、、
急に朝夕涼しくなり、
鈴虫の声をBGMに
しばらくぶりの更新しています。

守山市民ホールにて
9月1日~3日・芸術祭開催中です。

私は10点くらい出展しています。

こけし柄の一つ身の着物の女の子、
お顔は出来立てのニューフェイス
20170831b.jpg


20170831a.jpg

かしの木で染めた上布(麻)と、柿渋で染めた麻糸
を使用した、アン人形
タイトルは
「新しい朝」

初めての河童作り

先月納品した河童の男の子です。
白の縮緬生地をうすいグリーンに染め、張りました。
久しぶりの張る作業にどきどき、
注文なので、どきどき、
気に入っていただけたみたいで良かったです。
柄の縮緬生地を甲羅、お皿、葉っぱに使用しました。
胡瓜はおまけで、粘土で作りました。

20170705kappa.jpg

こちらは、
おなじみのアナベルと、
ピンクは、去年苗を購入したアメリカンアナベル。
どちらも小さな花(がく)が愛らしいので大好きな花です。
梅雨の時期の唯一の楽しみです。
布の妖精が側にあったので一緒に、ね。

20170705yousei.jpg

お次は、
大変だからもう漬けるのはやめよう~と思っていたのですが、
海外にいる娘が食べたいとリクエストしたので、
頑張るかっ!と
梅を見に行ったところ、
和歌山のおしね梅、10キロ入りが
今漬け頃!と言わんばかりに
私の目にとまり、10キロも、、と悩んだあげく
こんなにいい梅は中々ない、と
思い切りました。

現在梅は紫蘇を入れ保存中です。
後は梅雨が明けるのを待ち、
お天気のいい日に土用干しします。



20170705ume.jpg

さくらからカーネーションへ

201704033_20170510234419f7d.jpg


この間の展示会のさくらちゃんが
こんなふうに変身しましたよ。
ウィッグの代わりに絹糸を張り、
目はもう少し濃く、
さくらの柄の着物から
紫の縮緬地にカーネーション柄の着物へと
お着替えをし、
さあ~明後日出発します。
13日は母の日
この日に合わせたかのように、
全くの偶然ですが・・・


まだ名前はないこの子から
「おかあちゃんありがとう」
って聞こえてきそう~

20170510.jpg


201705102.jpg
プロフィール

anne akiho

Author:anne akiho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。